コルクマットを布団の下に敷くメリットは?

コルクマットを床に敷くことで、防音効果、断熱効果、転倒時の怪我の軽減など、たくさんのメリットがあります。

寒い冬に床の上にコルクマットを敷いて、その上に布団を敷いて寝るようにしたら、断熱効果で床の冷えが布団に伝わらなくていいんじゃないだろうか?暑い夏なら、その逆で床からの熱気を防止できるんじゃないだろうか?と考えるのは当然ですよね。

その時に気になるのは、布団の下のコルクマットにカビが生えてしまわないか?という点ですね。

コルクマットはカビが生えにくい?

コルクマットはカビが生えにくい素材でできていますから、夏に布団の下にコルクマットを敷いていたとしても、そう簡単にはカビが生えることはありません。

ただし、布団を敷きっぱなしにしていたりすると、コルクマットにカビが生える云々よりも、衛生的に良くないですから、布団はこまめに干すようにしてください。

特に、赤ちゃんが寝る布団の下にコルクマットを敷くのなら、特に布団を天日で干すことをこまめにしてあげるようにしてあげてくださいね。赤ちゃんは大人よりもたくさん汗をかきますからね。

コルクマットを布団の下に敷くメリット

コルクマットを布団の下に敷くことで、メリットはたくさんあります。

冒頭で紹介したようにコルクマットの「断熱性」の高さで、床から伝わってくる冷えや熱を布団に伝えにくくする効果が見込めます。

さらに、赤ちゃんがむくっと起きて布団の上で座っていて、その後に、コロンと転んでしまったときに、コルクマットが敷いてあると、「弾力性」がありますから頭への衝撃を軽減してくれます。

家事で忙しいお母さんは、赤ちゃんが一人でのそっと起き上がっておとなしく座っていたら、そのことに気が付かないかもしれませんから、この点は非常に助かりますよね。フローリングなどの床に「ゴン!」と頭を打ち付ける音で、ようやく気付くようでは遅いですからね。

さらに、赤ちゃんの布団のまわりに広めにコルクマットを敷いておくと、おむつ交換や、寝かしつけなどをするさいに、弾力性のあるコルクマットの上でその作業ができますから、お母さんの体への負担も軽減されます。

日々、赤ちゃんのお世話をしていると、固い床の上での作業の連続は、徐々に疲れやダメージが蓄積しますから、この点のメリットが非常に大きいと思いますよ。

売れ筋のコルクマットを見てみる

やさしいコルクマット⇒
送料無料・即日発送⇒⇒

タイトルとURLをコピーしました