コルクマットのカビの原因とカビ対策は?

コルクマットを敷くことによって、様々な効果をもたらしてくれますよね。保温、防音、さらには赤ちゃんが転倒した際のクッションの役割を果たしてくれます。

さらに長持ちしてくれますから、フローリングなどに一度敷いてしまうと、何か月も何年も敷きっぱなしにしてしまうことにもあるかもしれません。

その場合、コルクマットの下にカビが生えてしまうことも考えられます。

コルクマットのカビの原因は?

コルクマットはそもそも通気性が良いのでカビが生えにくい材質なのですが、使い続けているとカビが生えてしまうこともあります。

ジュースや水などをこぼしてしまい、そのまま放置することはないでしょうけど、コルクマットとコルクマットの接合部分に水分が染み込んでしまい、そこをキチンと拭いていなければカビが生えてしまうでしょう。

また、コルクマットを水洗いした後、きちんと水分を拭き取らないいまま敷いてしまった場合、そこにカビが生えてしまう可能性があります。

コルクマットのカビ対策は?

コルクマットに限らず、カビ対策として思いつくは「天日干し」ではないかなと思いますが、やさしいコルクマットを直射日光に長時間さらすと劣化してしまいますので、天日干しはあまりお勧めできません。数十分くらいなら大丈夫なので、どうしても天日干しをしたいなら外出中ではなく、家にいる間にササッと済ませてくださいね。

また、気づかないうちにコルクマットの接合部分に水分が染み込んでしまっている場合がありますので、接合部を中心に水洗いをするといいでしょう。水分をしっかりと拭き取って敷き直すようにしてくださいね。

売れ筋のコルクマットを見てみる

やさしいコルクマット⇒
送料無料・即日発送⇒⇒

タイトルとURLをコピーしました